たんぽぽ茶 不妊 効果

不妊治療費用

 

 

不妊治療は健康保険が適応されません。
健康保険が適応される範囲とは、病気と診断された症状の治療に対して適応されるものです。

 

 

ある調査によると、不妊治療をしている人の半数以上が治療費に100万円以上。また40代になると

380万円近くかかると言われています。

 

(参考サイトhttp://allabout.co.jp/gm/gc/440573/?FM=compi_linkitem-5)

 

 

例えば、体外受精によって1児が出生するためにかかる医療費は、、、

 

  • 30代前半女性・・・約150万円
  • 40歳では、平均約372万円
  • 45歳以上になると、約3704万円と桁違いに・・・

 

 

 

 

しかし、実はどの病院でも同じなのか・・・
というと、決してそうでは無いみたいです。

 

 

適応範囲かどうかは、各病院やクリニックによってまちまち。
その病院の判断に委ねている現状があるようです。

 

 

不妊治療費の目安

それぞれの病院によって変わってくるので、
断言はできませんが、不妊治療での一般的な目安を紹介します。

 

人工授精

 

1回に付き1万〜2万円

 

保険は適応外。
しかし、排卵誘発方法や検査する種類によって、一部適応される場合もあり。

 

 

 

タイミング療法

 

1回に付き3千円〜8千円

 

原因に排卵障害がある場合、病気と診断されます。
回数限定で保険適応されます。

 

 

顕微授精

 

1回に付き35万〜60万円

 

保険適応外。
しかし、特定不妊治療助成金制度が受けれる場合あり。

 

体外受精

 

1回に付き30万〜50万円

 

保険適応外。
顕微授精同様に、特定不妊治療助成金制度が受けれる場合あり。

 

 

*特定不妊治療助成金制度とは、厚生労働省が定めた特定治療支援事業
不妊に悩む方への特定治療支援事業の概要(厚生労働省のページへジャンプします)

 

 

ここまでみて不妊治療費用が莫大なことが判りますよね。。。
そして、現在の一般家庭の年収にはとてもきつい現状が明らかになっています。

 

 

 

 

家計に響く不妊治療・・・

 

 

赤ちゃんがほしいけど妊活しても無駄だった、、、

 

 

 

 

でも、不妊治療するだけの余裕が家計にない。

 

 

こういった悩みをもったまま、子なしで結局老後を旦那と・・って家庭も少なくありません。

 

 

だから、早めの対策が必要だと思いませんか?
外出先で赤ちゃんをみると悲しくなってしまうこともありませんか?

 

 

子供がいれば。。。

 

 

 

こんな風に後ろ向きの考えではイケません!

 

 

あなたは今できることをすれば良いのです。

>>妊娠体質をつくる【たんぽぽ茶 ショウキT-1プラス】<<

 

 

 

 

page top