ピニトール 妊活

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にはピニトールがいい

 

なかなか子宝に恵まれない。。。

 

そんな女性の中で比較的多いのが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に今、ピニトールがスゴイと注目を浴びています。
海外ではPCOSの治療にピニトールのサプリが使用されるほどポピュラーな成分になってきました。

 

どうして多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にピニトールが効果的なのか、なぜピニトールが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に有効と言われているのか説明しますね。

 

ピニトール配合でPCOSにオススメサプリはコレ

 

ピニトールが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に効果的な理由

ピニトール 妊活

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は男性ホルモンが優位になっている状態。
ピニトールは男性ホルモンを抑止し卵巣の状態を正常に保ち排卵を行えるようにする効果があります。

 

また、血糖値の上昇を緩やかにするので、インスリンを抑制してくれる効果もあります。
結果として、肥満体型の改善も可能ですし、それにともなって男性ホルモンも少なくなっていくのです。

 

 

ピニトールが体内に入るとカイロイノシトールに変化します。

 

実は多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人は、体内にカイロイノシトールが欠乏していることが認められています。

 

カイロ-イノシトールを摂取した多嚢胞性卵巣症候群の女性はテストステロン値の低下、血圧、インスリン感受性の改善が行わ排卵が正常になると研究されています。(テストステロンとは男性ホルモンの一種です)

 

 

なので、多嚢胞性卵巣症候群にピニトールは有効という事なんです。

 

 

実際にわたしもピニトールを摂取するようになってから、以下のような改善が行われました。

 

・生理周期30日になる
・排卵が確認される
・生理不順の解消
・肥満解消

 

など、不妊の要因であった排卵障害は改善されました!

 

⇒多嚢胞性卵巣症候群と診断されたらベジママ!

詳細はコチラ

 

ピニトールについて

 

アイスプラント ピニトール

 

ピニトールはイノシトールの一種で、マメ科の植物に存在する天然物質。
例えばアイスプラントや大豆、ルイボスに多く含まれる成分です。

 

ピニトールはホルモンバランスを正常に戻す機能があります。

 

すでにアメリカでは多嚢胞性卵巣症候群改善サプリとして認知されている成分です。
(さすが、不妊治療が最先端なだけありますね。。。)

 

ピニトールの成分が体内に入ると【カイロイノシトール】に変化。
カイロイノシトールが多嚢胞性卵巣症候群に有効との臨床結果もあるほどです。

 

 

しかし、大豆を加工している納豆などにはピニトールがあまり含まれていません。
(加工過程で無くなってしまうため)

 

ピニトールをしっかりと摂取したいならサプリでピニトールを摂取することが求められています。

 

妊活サプリは今では色々な種類があって、どれがピニトール入りなのかわかりづらいですよね。

 

それに、多嚢胞性卵巣症候群なら1日でも早くピニトールを摂取したい!
そんなあなたに、VEGEMAMA(ベジママ)がオススメ。

 

今までの妊活サプリの1歩先行くVEGEMAMA(ベジママ)を是非チェックしておいて下さいね^^

 

 

ピニトールサプリはベジママ↓

http://vegestory.jp/

 

ピニトールを摂取できるお手軽サプリのベジママ

ピニトール 妊活

妊活や不妊で悩む女性の救世主がベジママ。

 

【マカ・葉酸を超える】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』はコチラ

 

ベジママは、ピニトールが配合されしかも葉酸もプラスしてある万能サプリです。
実際に私もベジママを飲み始めてから排卵が正常になり、体調が良くなりました。

 

こんな事を思ったことありませんか?

  • マカや葉酸を飲んできたけどイマイチ・・・
  •  

  • 妊活サプリ、種類が多すぎてどれを選んで良いのか解らない
  •  

  • できればオールインワンサプリで済ませたい

 

今まで沢山妊活をしてきたけど、効果が実感できなかった方にはオススメです。

 

ピニトール 妊活

 

多嚢胞性卵巣症候群の場合、低用量ピルを用いた治療が行われたりタイミングを計ったりと色々な治療はありますが、やはりそれだけでは不安ですよね。

 

「わたしができる事はないの!?」

 

そう感じたならサプリで多嚢胞性卵巣症候群の改善や体つくりをするのが良いですね。

 

多嚢胞性卵巣症候群で悩むならまずはベジママ試してみませんか?

 

 

 

ピニトールでもう悩まない!
本物の妊活サプリは
ベジママ公式サイトで御覧ください↓
http://vegestory.jp/

ピニトールが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に効果的な理由

ピニトール

 

ピニトールが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に効果がある理由をわかりやすく解説するために、、、
まずはじめ、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)がどのような症状なのかもう一度おさらいしておきますね。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は排卵障害の疾患で、卵胞が育つのに時間がかかり、排卵がしにくい状態の事を言います。
超音波などで卵巣を見ると1センチくらいまでに成長している大きな卵胞が沢山渋滞した状態になっています。

 

なぜ排卵が上手くできないのか?

排卵がうまくできない状態は卵巣内に男性ホルモンが多いことが原因と言われています。
例えば、体毛が濃かったりニキビができやすいのも、男性ホルモンが多い原因。

 

なぜ、女性なのに男性ホルモンが多いのか?

男性ホルモンを高くしている原因は脳から分泌される黄体化ホルモン(LH)と血糖値を下げることで知られている
インスリンのホルモン作用です。
通常より強く卵巣にLHとインスリンが作用してしまい、男性ホルモンが優位になってしまうと、排卵が上手くできなくなります。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の場合は、採血をすると男性ホルモン値も上昇傾向にみられることがあります。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だとこんな症状出ていませんか?

ピニトール 効果

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の場合、自覚症状として
生理周期は35日以上
生理不順
少し毛深い
ニキビができやすい
肥満体型

 

この自覚症状が多い方がいると思います。
(私の場合、生理周期は45日、生理不順、肥満体型とだいぶ当てはまっていました・・)

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療法

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は年齢とともに進行し、生理周期が長期化していきます。逆に20代の若い人なら自然妊娠が可能性大ですね。

 

まずは、治療として排卵誘発剤のクロミフェンなどで排卵を促します。
排卵誘発剤でスグに排卵する人も多くいると、担当医は言っていました。

 

逆に排卵誘発剤でも排卵が厳しい人もいます。その場合はプレドニンと言われるステロイド剤や
漢方の温経湯(ウンケイトウ)等と併用する人が多いみたいです。

 

その他症状が重い多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の場合は注射での排卵誘発を行ったり、
糖尿病の薬メトフォルミン(グリコラン、メルビンなど)で排卵障害を改善できた症例も確認されています。

 

 

糖尿病の薬は卵巣で増加してしまう男性ホルモンを抑え、排卵しやすくなると言われています。
また糖尿病薬は過剰なインスリンが出ていて多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)となる人には効果があると言われています。

 

【多嚢胞性卵巣症候群なら】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』はコチラ

page top